1908年(明治41年)に鉄道連絡船として就航した比羅夫丸が青函連絡船歴史の始まりです。
青函連絡船は1988年(昭和63年)まで80年間にわたり、青森港と函館港を結び、1億6千万人の乗客と2億5千万トンの貨物を運びました。
航行距離は8千万キロ、地球を2,019周分に及びます。
ご見学されるお客様は青函連絡船のスケールの大きさを目の当りにし、本来の役割を学んでいかれます。
中でも青函連絡船最大の魅力は貨物車両を搭載する「車両甲板」であり、鉄道車両が船を通じて海を渡ることは世界的にも大変珍しい事です。

日本の鉄道史に名を連ね、日本の経済発展に大きく貢献してきた青函連絡船は青森市のシンボルであり、歴代55隻中「八甲田丸(八甲田山系と睡蓮沼がシンボルマーク)」という、23年7ヶ月と現役期間が一番長かった船をほぼ就航当時の状態に係留保存した貴重な施設です。

 


八甲田丸主要データ

 

●全  幅
17.9m
●旅客定員
1,286名
●速  力
18.2kt(ノット)
●全  長 
132.0m
●総トン数
5,382.65トン
●積載車両
48両
●使用エンジン
川崎MAN単動4サイクルトランクピストン排気ターボつきディーゼルエンジン(1600馬力8基)
 

沿   革(青函連絡船のあゆみ)


年 号 で  き  ご  と
1906(明治39)年 日本鉄道、青函航路直営を目指し、タービン式汽船2隻を英国に発注。
  日本鉄道国有化。
1908(明治41)年 青函航路運行開始。最新鋭の蒸気タービンエンジン船「比羅夫丸」就航。
1910(明治43)年 日本郵船会社の青函航路廃止により国有化となる。
1914(大正3)年 初の鉄道車両艀「車運丸」就航。
1924(大正13)年 国鉄青函航路に初の客載車両渡船「翔鳳丸」就航、のちに同型船3隻就航(翔鳳丸型客貨船)。
1926(大正15)年 青函航路初の純車両渡船第一青函丸就航。
1941(昭和16)年 太平洋戦争勃発。
1945(昭和20)年 3月 青森港内で第五青函丸が防波堤に接触、沈没。
  7月14日~15日 青森・函館空襲、青函連絡船全滅。
  7月28日 青森大空襲、1万5千戸余全焼、死者700名以上。
  9月 太平洋戦争終結。
1946(昭和22)年 新造客載車両渡船「洞爺丸」就航、のちに同船型「羊蹄丸」「摩周丸」「大雪丸」就航(洞爺丸型車両渡船)。
1954(昭和29)年 1月 青函トンネル本格調査始まる。
  9月26日 台風15号により洞爺丸転覆、他4隻沈没。死者・行方不明者1430名。
1964(昭和39)年 5月 新造客載車両渡船「津軽丸」就航。
  8月 同型「八甲田丸」就航、のちに6隻就航(津軽丸型客貨船)。
  10月 東京オリンピック開催。
1967(昭和42)年 自動車航送開始。
1969(昭和44)年 新造車両渡船「渡島丸」就航、のちに同型船5隻就航。
1977(昭和52)年 就航70周年を記念し運航していた客船13隻にシンボルマーク掲示。
1980(昭和55)年 マリンガールによるサービス開始。
1988(昭和63)年 「羊蹄丸」17時00分函館出航、「八甲田丸」17時05分青森出航、20時55分それぞれ青森・函館着で青函連絡船すべての運行が終了。
  港湾文化交流施設 国内第1号認定。
2009(平成21)年 経済産業省近代化産業遺産認定。
2011(平成23)年 機械遺産第44号認定(青函連絡船及び可動橋)。





八甲田丸を守る会

 

八甲田丸を後世へ伝えていきましょう

「青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」を保存、支援することを目的に平成18年7月、「八甲田丸を守る会」を発足しました。
八甲田丸は平成11年8月から青森市の所有となりましたが、平成22年12月の東北新幹線全線開業以降も青森市のランドマークとして益々有効活用が期待されております。
しかし、近年船体の老朽化により景観が悪化し、船体の補修などに係る経費は莫大であり、財政状況が厳しくなっている管理者である青森市だけの対応では困難な状況となっています。
そこで、当会としまして、会費の一部を八甲田丸の保存・支援に寄付したいと考えておりますので、何卒賛助会員として是非ご加入下さいます様、お願い申し上げます。

八甲田丸を守る会事務局

 

賛助会員会費・特典内容

個人賛助会員年会費 1口 1,000円 会員証交付後、八甲田丸の有料展示コーナーが1年間無料
会員証でご同伴者2名の方は有料展示コーナー無料観覧
関連催事情報をお知らせ
法人賛助会員年会費 1口 10,000円 会員証交付後、八甲田丸の有料展示コーナーが1年間無料
会員証でご同伴者4名の方は有料展示コーナー無料観覧
関連催事情報をお知らせ

・口数上限はございません。
・賛助会員特典はご入会月より1年間有効です。
 ※ご入会月の翌年同月末まで
 (例)12月9日に年会費を八甲田丸チケットカウンターでお支払の場合
    →翌年12月末まで有効となります。
・お申込みの際はお振込用紙の記載が必要です(印鑑不要)。